LOADING

コンテンツ CONTENTS

ZEH事業目標と実績

ZEH普及への対策

当社がZEHビルダー登録事業者であることを広く告知し、以下の項目についても詳しくご説明することでエネルギー施策への関心を高めます。
①なぜZEHが必要か
②ZEH基準について
③当社のZEH仕様(一般住宅との違いやメリットなど)

さらに、当社のZEH仕様の住宅におけるエネルギーの消費量をシミュレーションで見える化することで、よりお客様が理解しやすく、ZEH住宅を選択しやすくなるように環境を整えます。

ZEHコストダウンに
向けた具体策

現在、コロナ禍により木材を始めとした材料が高騰しています。そこで当社は材料費以外のところでのコストダウンを目指し、お客様の負担を少しでも軽くする努力を行っております。
具体的にはZEHプランを標準化することです。これによりプランの作成時間や建材業者への見積もりの依頼を簡略化させて時間短縮を図り、人件費の削減につなげています。

その他の取り組み

夏は日光を遮り、冬は日光が室内の奥にまで届くようにするなど、自然のエネルギーを利用した快適な空間設計(パッシブデザイン)を取り入れ、住宅でのエネルギー消費量削減を目指します。さらに、HEMS(※)も設置し、お引き渡し後もお客様が省エネへの関心を高めていけるようにいたします。

※HEMS(Home Energy Management Service)とは、家庭内で使用されている電気の使用量や稼働状況を把握し、電力使用の最適化を図るための仕組みのことです。